ホーム > ニュース・ブログ > カルチャー

ニュース・ブログ

カルチャー

どーも、本日も杉山がブログをかかせていただきます。

 

さっき思い出したことです。和歌山県の太地町で行われているイルカ漁について、アメリカの方々が抗議しているのはご存知の人も多いと思います。

 

イルカは食べるべきではない、かわいそう、とか言ってますけど、日本のその土地では大昔からイルカ漁があって、それが生活をするために必要なことなんです。

 

それを全く文化の違う外国の方が文句を言うのはおかしくないですか?意見なら言ってもいいと思いますが、漁を妨害するような行動や盗撮、またそれを映画にして。

 

おかしいでしょう!

 

その土地にもともと住んでいる人の文化を無理やり壊しているんですよ!

 

異文化を批判しだしたらきりがない。アメリカではアザラシ漁をしている地域もある。犬を食べる文化のある国だって存在する。

 

太地町はクジラの町としても有名です。もともとクジラ漁やイルカ漁の歴史のある町です。

 

僕は太地町の近くの出身です。太地町には、「くじら博物館」っていう水族館があって、イルカショーやクジラショーをやっています。

 

ショーのあと、100円でイルカにタッチできます。笑

 

 

それぞれの価値観や考えは異なって当然だと思いますが、押し付けはよくない。

 

なにごとにもまずは相手の立場になって考えることからはじめるべきだと思います。

 

終わり

コメントをどうぞ

  • *は必須項目です
  •