ホーム > ニュース・ブログ > 言葉

ニュース・ブログ

言葉

どーも、杉山です。

 

本日はバレンタインデーですね。

 

 

私が現在担当している利用者様は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という16疾病の難病の方です。

 

気管切開をしており呼吸器が必要です。声が出ません。

 

現在は顔の筋肉しか機能しておらず、寝たきりです。

 

コミュニケーションは顔の表情、目線、コミュニケーションボードを使って行います。

 

わずかな顔の筋肉を動かすのにも、ものすごい労力を使うそうです。

 

話したいこともたくさんあると思います。

 

長い文章には、時間も労力もたくさん使います。

 

さらに、ヘルパーの能力が低かったらスムーズに伝わらず、余計な労力を使わせてしまいます。

 

だからヘルパーはプロ意識を持って技術の向上に努めてほしいです。

 

もし今、自分が言葉を失ってしまったら。

 

動けなくなったら。

 

「お腹が痛い」と伝えるだけでも大変な作業になります。

 

なにを考えているのか、なにを思っているのか、言葉や動作以外から感じ取らなくてはいけません。

 

大変なことですが、誇らしい仕事だと思います。

 

 

終わり

コメントをどうぞ

  • *は必須項目です
  •