ホーム > サービス概要 > 介護保険利用の流れ

介護保険利用の流れ

介護保険のサービスを利用する場合は、介護が必要な状態(要介護状態または要支援状態)であることの認定(要介護認定)を受けることが必要です。
本人や家族が市町の担当窓口へ申請書に保険証を添えて申請します。※流れとしては下記の図のようになっております。

びっくりマーク風・福祉会ではご依頼いただくと、各種お手続の代行もさせて頂いておリます。

介護保険利用の流れ

1、各市町村の介護保険申請窓口に『要介護認定』 の申告をします。

介護サービスの利用を希望する人は各市区町村の介護保険申請窓口に「要介護認定」の申請をします。

2、『認定調査』が行われます。

市区町村職員や市区町村から委託を受けた介護支援専門員が訪問し、心身の状態などをお尋ねします。また、主治医に対して、「主治医意見書」の作成依頼が行われます。

3、『介護認定審査会』により審査が行われます。

コンピュータによる「1次判定」を行い、審査会資料作成し、「介護認定審査会」へ。介護認定審査会では、保健・医療・福祉に関する専門家が、認定調査の結果と医師の意見書をもとに審査します。

4、「審査判定」結果の通知と新しい被保険者証が 送付されます。

市区町村より、要介護(要支援)認定結果の通知と結果に基づいた新しい被保険者証が申請者に送付されます。 この間、原則、30日程度とされていますが、状況により審査に時間のかかる場合もあります。介護認定の判定結果の種類には「要介護」「要支援」「非該当(自立)」があります。 非該当の場合には、介護サービスを 受けることができません。

5、『ケアプラン』を作成します。

「要支援」と認定された方は、地域包括支援センターにてケアプランの作成を依頼します。要介護1~5と認定された方は、居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)にケアプランの作成を依頼します。

6、 契約とサービスの開始。

「ケアプラン」に基づき、ナイスサポートで日々のサービス内容を明記した「訪問介護計画書」を作成します。内容にご納得いただければサービス利用の契約いたします。 契約後、ホームヘルパー・介護福祉士などの専門員によるサービスの利用が始まります。

風福祉会へのお問い合わせ

ページトップ