ホーム > サービス概要 > 障がい福祉サービスご利用の流れ

障がい福祉サービスご利用の流れ

障がい福祉サービスをご利用する場合には、障がい程度区分の認定とサービスの支給決定が必要です。 市区の役所や保険福祉センター窓口へ行き、支給申請利用の申請をします。


びっくりマーク風・福祉会では各種お手続きのお手伝いをさせていただきます。

障がい福祉利用の流れ


1、各市区の窓口(保険福祉センターなど)に申請をします。

各市区の窓口に障がい福祉サービス利用のための支給申請をします。


2、『訪問調査』が行われます。

障がい程度区分の判定のため認定調査員が申請者本人やご家族を訪問し、現在の生活や障がいの状況についての106項目の聞き取り調査を行います。このとき同時にサービスの利用意向聴取を行うことがあります。必要に応じ、回数や頻度等の具体的な状況、判断の根拠について「特記事項」に記載します。また、主治医、かかりつけ医に対して、「主治医意見書」の作成依頼が行われます。


3、 コンピューターによる一次判定が行われます。

認定調査の結果を国が配布した一次判定用ソフトウェアを導入したコンピュータに入力し、一次判定処理を行います。


4、審査会にて障がい程度区分判定が行われます。

一次判定結果、特記事項及び主治医意見書を揃え、
障がい程度区分判定審査会に審査判定を依頼します。審査会はこれらの内容を踏まえ審査判定を行い、判定結果を市区へ通知します。


5、 障がい程度区分の認定。

審査会の審査判定結果に基づき、障がい程度区分の認定を行い、申請者に障がい程度区分の認定結果を通知します。


6、サービス利用の意向調査。

認定結果が通知された申請者の支給決定を行うため
に、申請者のサービス利用の意向を聴取します。 障がい程度区分やサービス利用意向聴取の結果等を踏まえ、市区が定める支給決定基準に基づき、 サービスの支給決定がされ、その内容が記載された受給者証が発行されます。

 

風福祉会へのお問い合わせ

ページトップ